FC2ブログ
For Establishing Female Dominating Society In The Future
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

女権帝国(22)お礼をお言い!

2010-10-30 Sat 19:08

1207940694
執事奴隷はミストレスのテーブルの下にはいつくばっている。ご馳走のうち、うっかりテーブルから落としてしまったものは、靴底で踏みにじったあとで、彼に与えられる。奴隷にとって、このおこぼれは、常食であるオートミールの粥の栄養を補う大切な栄養源である。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(21)舌舐め奉仕

2010-10-30 Sat 18:52

1580254610


家庭用奴隷は、ミストレスさまの衣装をいつもきれいに保たなければならない。ブーツの底やヒールから、ロンググローブや鞭の先まで、舌舐め奉仕によっていつもピカピカに保たなければならない

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(20)家庭用奴隷

2010-10-30 Sat 18:28

1861214707
家庭用奴隷は、ほかのどの種類の奴隷にもまして、ミストレスさまの鞭を受けることが多いといわれている。


彼らはいつでも完璧に勤めを果たし、いつでもミストレスさまを完全に崇敬していることを態度で示さなければならない。


ミストレスさまは、いつも鞭を持っていて、どんな些細なことにでも鞭を使うので、多くの家庭用奴隷は、生傷が絶えないというのもよく知られたことである。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(19)ブーツ奴隷

2010-10-30 Sat 16:30

977886439

地下牢へむかうの出口の階段の下には、ブーツ奴隷が飼われている。彼の役割は、ミストレスさまのブーツについた泥や土、もしくは地下牢を訪れたときについてしまった汚れをきれいに舐めとることである。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(18)使用済み性奴隷の廃棄法

2010-10-30 Sat 16:05

2035231534
ミストレスさまが性奴隷に飽きたときには、チ
×ポをバンドで縛り、亀頭にピアスをし、リングをつけ、亀頭と乳首を鎖でつなぎ、用済みの廃棄物であることをはっきりとさせることになっている。ミストレスさまは、一週間以上にもわたって、元性奴隷を睾丸と首輪で地下牢に縛りつけ、定期的に彼を鞭打ち、聖水を浴びせ、つばを吐きかけ、ブーツの底で睾丸を踏みにじる。これらのことは、これまでミストレスさまにお仕えすることを認められてはいたけれども、ミストレスさまのお心にそってお仕えする単なるオス奴隷に過ぎなかったのだということを、元性奴隷に思いしらせるために行われるのである。最終的には、彼は睾丸をつぶされ、傷だらけにされ、胸と背に多くの鞭あとを残したまま、もとの村に帰される。しかし、これが性奴隷の避けることのできない末路であるにしても、彼らのミストレスへの敬慕の念は強く、性奴隷になりたいと思うオス奴隷はあとを絶たないのである。

 

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(17)新作プレイのお披露目

2010-10-30 Sat 13:41

155827105

ミストレスさまたちは、時おり、お互いに自分の拷問用地下牢に友人を招いて、自分が新しく開発した独創的な拷問法を披露しあったりするものである。オス奴隷のケツの穴に挿入した蝋燭の薄明かりの中で、このミストレスさまは, 鎖でつないだオス奴隷を使った新しい拷問法を、友人のミストレスに実演してみせているのである。オス奴隷の胸、ペニス、脚にかけて十分に鞭打ったあとで、ミストレスさまは、ブーツの尖ったヒールを奴隷たちの腹の皮膚に喰い込ませながら、オス奴隷の胴体の上に立ち、オス奴隷に、みごとなお身体と美しい女性器を誇らしげに見せつけた。最後にミストレスさまは、オス奴隷たちの顔や大きく開いた口に向けてたっぷりと放尿すると、冷たい石の床の上にオス奴隷たちをそのまま放置したまま、友人と一緒に地下牢から出て行ったのだった

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(16)忙中閑

2010-10-30 Sat 12:30

1259902002
地下牢でのお仕置きは、オス奴隷たちが追加の罰や鞭打ちを必要とすることがあると、予定より長引いてしまうことがある。このようなときにも、ミストレスさまたちが、鞭を持つ手を休め、煙草や葡萄酒を楽しみながら、次のプレイに向けて備えることができるように、地下階には待機用の快適な玉座がしつらえられている。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(15)鞭への接吻

2010-10-30 Sat 06:27


1870894704
鞭打ちの一連の流れの中で、最も重要な局面は、鞭にたいする接吻である。激しい乱打のあとで、ミストレスさまは、鞭をオス奴隷の口の前に突き出す。オス奴隷はミストレスさまが満足するまで鞭に口づけし、ペロペロと舐め続ける。オス奴隷の背中や尻から鮮血がにじみ出るほどの激しい鞭打ちのあとであれば、オス奴隷は鞭への口づけのとき、ミストレスの鞭に血や汗の味がにじんでおいしく感じるはずだ。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(14)舐め犬と御褒美

2010-10-30 Sat 05:42

649304002
ミストレスさまによる激しい鞭打ちによって、背中を血だらけにしたオス奴隷は、犬奴隷にふさわしく首紐のを前歯に咥えて、それを恭しくミストレスさまに差し出した。オス奴隷の振る舞いが、舐め犬奴隷としてミストレスさまのお心にかなうようであれば、オス奴隷はミストレスさまのスカートの縁を持ち上げて、鞭打ちによる興奮で熱くなっている女性器に対して、直接奉仕することを認められるかもしれない。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(13)地下牢

2010-10-30 Sat 03:44
1785603197

ミストレスさまたちは、時折、オス奴隷を処罰した理由をうっかり失念されるときがある。このミストレスさまも、数週間にわたって、地下牢の鎖につながれている奴隷に対して、容赦のない鞭打ちをちょうどし終えたところなのである。しかし階段の途中で、ミストレスさまはふと立ち止まる。「どうして私はあのオス奴隷を鎖につないだのかしら? あのオスが何か不愉快なことをしたからだったのかしら、それとも私の単なる気まぐれでつながれているのかしら、そうだとすれば、そろそろ釈放してあげたほうがよいのかしら?」 ところがそのオス奴隷は、一切躊躇していなかった。ミストレスさまが丁度頭の高さのところで立ち止まったのに気づいたオス奴隷は、舌を突き出して、ブーツの底の汚れを舐め取り始めたのだ。明日あたりには ひょっとしたらミストレスさまはオス奴隷を監禁した理由を思い出して、鞭打ちの後で彼を解放するかもしれないし、このオス奴隷のことなんかすっかりすっかり忘れているかもしれない・・・

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(12)乳奉仕の教訓

2010-10-30 Sat 02:03

383293264
このオス奴隷は、乳房へのご奉仕のときに、不注意をしでかした罪で罰せられている。ミストレスさまは、オス奴隷の胸に鞭を振り下ろし苦痛を与える一方で、ミストレスさまの麗しい、剥き出しになった乳房をを眺めながら、チ×ポをブーツに擦り付ける快楽は許している。オス奴隷はここから教訓を導き出すことになろう。かれはミストレスさまが今お与えになっている苦痛と同じくらいに、ミストレスさまの胸に快楽を与えなければならなったのだと。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(11)勃起管理

2010-10-30 Sat 01:30

600995397
ミストレスさまのご不興を蒙ったオス奴隷は、数日間から数週間にわたって、地下牢に鎖でつながれる。ミストレスは時折地下牢へ降りていき、彼らを鞭打つ。この場面では、2匹のオス奴隷が鞭を受けている。向かって左側のオス奴隷は、命令どおりに勃たせられなかったので、彼は鞭打たる間じゅう、勃たせ続けるように命じられている。一方の奴隷は、ミストレスさまに求められたわけでもないのに、勝手に勃起させた罪で罰せられている。チ×コを冷たく硬い石床に押し付けて、ミストレスさまのヒールを舐めるように命じられているのだ。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(10)期待と恐れ

2010-10-30 Sat 00:43

1923918627

長いこと牢獄に収容されているオス奴隷は、ミストレスさまがいらっしゃると、お目にかかれることへの期待と、どのようなお仕置きが待っているのだろうという恐れで、胸が張り裂けそうになる。ミストレスさまのがいらっしゃることは、ヒールが石の床の上で鋭い音をたてるので、オス奴隷にもわかるのである。マゾであるオス奴隷は、ミストレスさまに虐められたり、ご奉仕したり色々したくて仕方がないのだが、ミストレスさまは、ただ、今日は何時間にもわたってたっぷりと、鞭の苦痛を与える悦びを味わいに来ただけなのであった。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(9)下等奴隷の証明

2010-10-29 Fri 20:39
117


ミストレスさまによって皿洗い奴隷や船内奴隷にしか向いてないと判断された奴隷は、全身の毛をそられ、ペニスの根元にバンドをされた上で、亀頭にピアスをされることになっている。これらの奴隷に対して行われる、頻繁に行われる鞭打ち、苦痛に満ちた姿勢のまま長い時間にわたって鎖で縛られたり、籠に閉じ込めることなどは、将来、ミストレスさまのために行う厳しい労働に耐えられるようにするためのものなのである。奴隷たちは、自分の立場をよくわかっている。どんなに苦しいときでも、ミストレスさまのブーツが目の前に差し出されれば、彼らは一瞬もためらうことなく、それを丁寧に舐め清めるのである
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(8)睾丸への烙印

2010-10-29 Fri 20:28
1880066106

新しい性奴隷を購入すると、ミストレスさまはたいてい、奴隷の睾丸に焼印を入れる。ほとんどのミストレスさまは、性奴隷に対しては、その目をじっと見つめながら、ご自身の手で、睾丸に焼印を入れるのを好む。というのも、睾丸に焼印を入れるときにミストレスさまの目をじっと見つめていた奴隷の口接奉仕のクオリティは、ミストレスさまへの崇敬の念が強まっているので、ほかの奴隷に比べて非常に高くなるからである。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(7)強制フェラの悦び

2010-10-29 Fri 20:19
116


羞恥訓練には、オス奴隷に別のオス奴隷へのフェラチオをさせるというといやり方もある。フェラチオ強制には普通、いつも以上に強い鞭打ちが必要であるが、ほとんどのミストレスさまは、奴隷への鞭をためらわないであろう。というのも、強制フェラによる羞恥、鞭打ち、ホモエロプレイの3つの味が同時に味わえる、とってもおいしいプレイなのだから。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(6)性奴隷の品質検査

2010-10-29 Fri 20:13
115


このミストレスさまは、性奴隷として出荷される予定の奴隷の睾丸やペニスを踏み潰して、それでも彼が射精できるかを、テストしている。この手際のよいミストレスさまは、檻の中の奴隷のM性の強さを検査するするのと同時に、オス奴隷の白濁液の滴るミストレスさまのブーツを、ほかのオス奴隷に舐めさせるという愉快な羞恥プレイをも同時にやってのけている。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(5)独房

2010-10-29 Fri 20:02

786880659
ほかの奴隷の歩く歩調にあわせられなかったり、ミスをしたり、処罰されたりした奴隷は、部屋の中で首輪だけをつけ、全裸のまま、彼らのミストレスさまの肖像の前に跪くことになっている。ミストレスさまの肖像の前に跪くことは、奴隷たちに、ミストレスさまへの崇敬の念を植えつけるのに役立っている。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(4)最下層奴隷

2010-10-29 Fri 19:49
793494278
牢獄一階の床には、水溜りができている。不衛生な一階は、ミストレスさまの不興を買った皿洗い奴隷と船用奴隷にあてがわれている。ここの奴隷は、罰としてなされる、特別に屈辱的な扱いを忍ばなければならない。新入りの奴隷が連れて来られるときには、すべての奴隷は地べたに跪いて、ミストレスさまが通り過ぎるまで、汚れた床に接吻していなければならない。ミストレスさまはブーツについた泥を舐め取りらせたり、床に落としたタバコの灰や吸殻を飲み込ませたりして、奴隷への辱めを延々と続けるが、そのうちにも奴隷たちは徐々にミストレスさまへの感謝の気持ちを高めていくのである。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(3)入獄

2010-10-29 Fri 19:44
698601301

 入獄してから最初の数週間は、絶え間のない鞭打ち、焼印、鎖による拘束の連続である。本当の奴隷根性は、鞭に耐えながら平伏してブーツを舐め続けるこの時期に、しっかりと植えつけられる。そしてこの期間に、農業奴隷、船用奴隷、家事奴隷、そして性奴隷に選別される
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| FEMDOM EMPIRE -女権帝国- | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。