FC2ブログ
For Establishing Female Dominating Society In The Future
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(24)鞭打ちのあとで

2010-12-26 Sun 23:45
229141012.jpg

これだけ鞭打って、ようやく、自分の立場というものがわかったようね!
この、役立たず夫!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(28)女王宮の秘密監獄・続

2010-12-25 Sat 05:09
1135772862.jpg
 女王宮の秘密監獄で、マズルカ大女王は、とあるオス奴隷の睾丸を、黒いブーツの底で完全に踏みつぶした。
 そのオス奴隷は、熱心に、マズルカ大女王の愛娘、メルスマ姫の赤いブーツの底を丹念に舐めまわしていた。

大女王:あなたのブーツをなめながら、このブタは勃起させてたわ。あなたの事が大好きらしいわ。
姫:悪い冗談はよして、ママ。このブタが私の暗殺を計画したことは知っているのでしょう。
残虐な方法で責め殺さなければならない重罪人よ。ロマンスなんてありえないわ。

大女王:このブタのキ×タマを完全に踏みつぶしたわ。去勢成功(笑)。
姫:ブタ、お前の命は私たちが完全にコントロールしているわ。お前が「生きたい」って思ったら、お前の命を縮めてあげる。お前が「死にたい」と思ったら、元気づけてあげる。…どうあがいてもお前は私たちのコントロール下にあり、そうして私たちはお前に最も苦しい死を経験させることにきめているの。自分の死をせいぜい楽しむことね、ブタ!

別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(27)女王宮の秘密監獄

2010-12-25 Sat 04:42
1969293772.jpg
女権帝国の女王の宮殿には、秘密の牢獄がある。
 そこから逃亡に成功した者はいない。女王家の一族の女性とその忠実な奴隷(用が済めば秘密保持のために処刑される)だけが、その牢獄について知らされているのである。
 多くの重罪人は、無知蒙昧のオス奴隷を教育するために、公開の刑場で残虐に処刑されるのが常である。しかし、女性支配システムを維持するためには、おぞましい男女同権論を信奉する者を秘密裏に完全に抹殺する必要がある。その必要から、女王、姫君たちは、自分たちの手で、それらの者の処罰や処刑を執行しているのである。
(この画像は、男女同権論者に聖水をお授けになるマズルカ大女王様である)
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(26)獄吏さまたちの気晴らし

2010-12-25 Sat 01:43
suspense.jpg
 体を折り曲げたまま鳥籠状の檻の中に閉じ込められ、五階建ての監獄の屋上近くまで吊りあげたオス奴隷に対して、革の長手袋をはめた獄吏さまが、鎖を揺さぶりながら、脅しの言葉をかけている。
 必死になって命乞いするオス奴隷のぶざまな姿を、獄吏さまはじっくりと鑑賞している。
 監獄では、獄吏さまたちの昼下がりの暇つぶしのために、毎日多くのオス奴隷の命が、ゴミのように消耗されているのである。
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(25)船旅の楽しみ

2010-12-24 Fri 23:58
763094074.jpg

ガレー船の下甲板は、オス奴隷にとっては、まさしく地獄である。配置についたら、十二時間、一秒の休憩も与えられないまま、絶え間なくオールをこぎ続けなければならないのである。
一方、女性の乗客たちにとって、そこは最高の遊戯施設である。平手打ち、踏みつけ、鞭、蹴り、唾、聖水顔射、舌奉仕強制、処刑など、あらゆる快楽を、自由に、好きなだけ貪ることができるのだ。
出航すると、女性乗客たちの多くは、最新流行の革衣装を装着し、オス奴隷たちの待つ下甲板へといそいそと降りていく。淫らでよこしまな欲望に股間を濡らし、鞭をしごきながら…
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(24)宇宙船機関室での暴虐

2010-12-23 Thu 18:55
nuclear.jpg
 極度の疲労と放射線障害によって、荷袋を床に落とし、その場に倒れ伏したオス奴隷に対して、黒革のミニドレスをつけたミストレスさまは、容赦なく一本鞭を振り下ろした。
「ほら!いつまで寝ているんだい!」
 瀕死の奴隷を鞭打つのは、ミストレスさまたちにとっては、素敵な気晴らしである。
 自分の鞭の一打一打が、確実に奴隷の生命力を奪っていく… その手ごたえが、なんともいえないのである。ポニーテールを振り乱しながら、雄牛鞭で奴隷の背を乱打しているミストレスさまの花襞は、熱く濡れ始めているのだった。
 この宇宙船の原子炉の管理者、機関長であるミストレスさまも、彼女に加勢した。最後の力を振り絞って立ち上がろうとする奴隷の手を踏みにじり、頭をヒールで押さえつけるのだった。
 「お前のような役立たずは、地獄に落ちるがいい!」
 機関長さまは、哀れな奴隷に呪いの言葉を吐きかけ、乗馬鞭を連打した。
 回り廊下から一部始終を見ていた黒髪のミストレスさまも加勢し、三人で代わる代わる鞭打ち始めた。
 彼の生命が途絶えるまで、鞭音と嬌声は、二時間以上にもわたって、絶え間なく響き続けたのだった。

*女権帝国の進んだ科学力・医学力によって、ミストレスさまたちは放射線による被害からは解放されている。ただ、嗜虐の悦びを満たすためだけに、彼女たちはその技術を奴隷には適用していないのである。
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(23)奴隷オークション

2010-12-23 Thu 16:07
redandblack.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(22)用済み宣告

2010-12-23 Thu 12:10
lh16.jpg
女王さまは、うっとりと目を閉じながら、新入荷の性奴隷のチ×ポの感触を確かめるように腰を上下させると、足元に土下座していた性奴隷の顔に向かって、唾を吐きかけ、こう宣告した。
「お前は用済み! こっちのほうがおいしいわ」
これが、数年仕えた奴隷への、最後の言葉なのである。
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(22)新入荷奴隷の鞭洗礼

2010-12-23 Thu 09:34
20101219080753898450.jpg
あらまあ、たった数発の鞭打ちで、音を上げるなんて!
さっきまでの威勢はどこへ行ったのかしら?
フフフ・・・ 思いっきり可愛がってあげるわ。
赤ん坊のように泣き叫んで、この私の専属マゾ奴隷に生まれ変わるのよ!
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(21)ジュリアさまのご褒美

2010-12-23 Thu 08:37
540093506.jpg 
「今日はいい仔だったから、お前にご褒美を上げるわ。
目を閉じてお待ち」
ジュリア女王さまがそう言うと、性奴隷は幸せそうに目を閉じた。
そのとき、

 
ビシッッッッ!

九尾鞭が性奴隷の顔面に振り下ろされた。

「アハハ! だまされたわね!」
ジュリア女王さまは意地悪く笑いながら言った。
「なんてマヌケなの、お前は!」
女王さまの高笑いが、拷問部屋に響きわたったのだった・・・

別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(20)聖エリザベス・ペイジ

2010-12-23 Thu 02:56
1432418860.jpg
「ママ、このきれいな女王さまはなんていう女王さまなの?」
「エリザベス・ペイジよ。古代の大切な女王さまだわ」
「何をした女王さまなの?」
「女性優位の教えを、彼女の美しさを見せつけることで、広めた女王さまだわ。彼女の活躍のおかげで、女性優位の教えが世界中に広まり、女権優位革命がおきたのよ。オス奴隷制度や、女性美崇拝は、彼女の活躍に深く影響されているの」
「ママ、私たちがいまのようにくらせるのも、この女王さまのおかげなのね」
「そう。歴史上の人物の偉大な功績が私たちの暮らしをささえているの。私たちはそのことを忘れてはいけないわ」
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(19)アンナ女王様の新入り性奴隷

2010-12-22 Wed 01:34
anna.jpg
 アンナ女王様は、新入りの性奴隷の太くて長いチ×ポと、皺の寄った陰嚢をとても気に入ったのだった。
 アンナ女王様は、黒革のリングを彼の性器に嵌めた。
 彼の所有者であり、彼の性器の所有者であるのは自分であるということを、他ならぬ彼に知らしめるためである。
 アンナ女王様は、彼の未開発の肛門にアヌスプラグを挿入しながら、陰嚢にキスすると、性奴隷に宣告した。
「上物の性奴隷だわ。今晩、お前のマゾミルクを最後の一滴まで絞りぬいてやるわ!」
imagefap
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(18)美少年飼育

2010-12-21 Tue 00:26
irene2.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(17)性奴隷引渡し

2010-12-20 Mon 20:26
elena03.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女権帝国(23)ガレー用奴隷の積み込み

2010-12-20 Mon 01:01
017.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(16)極上の舐め奴隷

2010-12-18 Sat 03:43
juice.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Femdom Nostagia (1) Mistress Candy

2010-12-16 Thu 17:53
1629.jpg

 
Femdom Nostalsia と題するシリーズの記念すべき第一回です。
このシリーズではこれまでに自分が影響を受けた作品を紹介していきたいと思っています。

1988年の春、このペイパーバックを読みました。
 由紀かほる、館淳一、そしてスレイブ通信によってボンデージ(フェムドムという言葉一般的ではなかった)の世界に目覚めた私が、ペイパーバックを読み始めて2冊目(だったと思う)にであったのが本書でした。

 主人公エイミィは、いとこのグレン、バリーによって監禁され、いろんな辱めを受ける、というのが1章から6章までのあらすじです。
 話が俄然Femdomの様相を示し始めるのは第6章。
 エイミィのライバル、キャンディが登場し、なんとグレンたちの仲間に加わり、男のメンバー以上のサディストぶりを発揮するのです。
 キャンディ女王様の登場シーンです。 

 「エイミィはキャンディが服の下に着けているものを見てとても驚いた。キャンディは大きな乳房の上半分を露出するような黒革のブラを身に着けていたのだった。ブラによって、彼女の乳房はまるで二つのミサイルのようにツンと高く上を向いていた。とてもセクシーに感じたエイミィのオマ×コはうずき始めたのだった。
 キャンディは、下半身にも黒革をつけていた。女性器から肛門にかけて細い穴の開いたピッチリとした黒のパンティを着けていた。裸でいるよりもっと淫猥だわ、こんな下着をキャンディは前から来ていたのかしら、とエイミィは不思議に思った。自分からすすんで、こんなにビザールでセクシーな格好をすることができる女がいるなんて、エイミィには考えることすらできなかった。
 キャンディは黒いナイロンのストッキングを身に着けていた。エイミィの目の前でキャンディは靴を脱ぎ捨て、6インチの長さのヒールのある黒革の靴に履き替えた。キャンディは短い、レイヤードの髪をとかしながら、エイミィのほうをじろりと見た。彼女が指を出した黒革の手袋をつけたとき、エイミィはこの地獄のような一日の中でもっとも恐ろしさを感じたのだった。
 彼女はキャンディが彼女に対してとても卑劣なことをするのではないかと気がついたのである。」

 この予想は的中し、キャンディはこの後、エイミィに対して、洗濯バサミ、強制クンニ、アナル奉仕、ハイヒールでアナルを犯す、クンニを強制したままのフィストファック、そして聖水顔射まで、40ページ近くにわたって暴虐の限りを尽くします。

 これほどのS性をお持ちの女王様はなかなかいないのではと思います。
 Cousin in Bondage by Blake Gafield 1987
http://neatopotato.net/xnovel/bb115-cousin-in-bondage


別窓 | nostalgia | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(15)セリーナ姫と新入り奴隷

2010-12-16 Thu 16:27
japaneseversion.jpg


英語バージョンも作りました。

newslave.jpg
自己流の英語ですので変なところが多々あると思います。
諸賢の温かい助言を賜りたく存じます。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(14)女将校用「遊戯室」の戦慄

2010-12-16 Thu 12:56
016.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

超真性サディスティン列伝(13)女戦士と敗残奴隷

2010-12-15 Wed 06:32
014.jpg
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| FEMDOM EMPIRE -女権帝国- | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。