FC2ブログ
For Establishing Female Dominating Society In The Future
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

女権帝国(24)宇宙船機関室での暴虐

2010-12-23 Thu 18:55
nuclear.jpg
 極度の疲労と放射線障害によって、荷袋を床に落とし、その場に倒れ伏したオス奴隷に対して、黒革のミニドレスをつけたミストレスさまは、容赦なく一本鞭を振り下ろした。
「ほら!いつまで寝ているんだい!」
 瀕死の奴隷を鞭打つのは、ミストレスさまたちにとっては、素敵な気晴らしである。
 自分の鞭の一打一打が、確実に奴隷の生命力を奪っていく… その手ごたえが、なんともいえないのである。ポニーテールを振り乱しながら、雄牛鞭で奴隷の背を乱打しているミストレスさまの花襞は、熱く濡れ始めているのだった。
 この宇宙船の原子炉の管理者、機関長であるミストレスさまも、彼女に加勢した。最後の力を振り絞って立ち上がろうとする奴隷の手を踏みにじり、頭をヒールで押さえつけるのだった。
 「お前のような役立たずは、地獄に落ちるがいい!」
 機関長さまは、哀れな奴隷に呪いの言葉を吐きかけ、乗馬鞭を連打した。
 回り廊下から一部始終を見ていた黒髪のミストレスさまも加勢し、三人で代わる代わる鞭打ち始めた。
 彼の生命が途絶えるまで、鞭音と嬌声は、二時間以上にもわたって、絶え間なく響き続けたのだった。

*女権帝国の進んだ科学力・医学力によって、ミストレスさまたちは放射線による被害からは解放されている。ただ、嗜虐の悦びを満たすためだけに、彼女たちはその技術を奴隷には適用していないのである。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | femdom | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<女権帝国(25)船旅の楽しみ | FEMDOM EMPIRE -女権帝国- | 超真性サディスティン列伝(23)奴隷オークション>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| FEMDOM EMPIRE -女権帝国- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。